クリニック院長参謀の得意なこと・苦手なこと

 

クリニック院長参謀は、コンサル・事務長代行とは異なる「第3の選択肢」としてスタートしました。

 

今回は、クリニック院長参謀の得意なこと苦手なことをそれぞれお伝えできればと思います。

 

まず、サービス案内ページの「例えばどんなことをしてくれる?」の欄をご確認ください。

 

総じて得意なこととしては、一般企業で使われるノウハウを、医療業界に活かすことです。

広報戦略・マネジメント・スタッフ教育・・・歯科業界・医療業界においては、苦手にされている方が多い分野かと思われます。そこを一般企業の知恵でカバーします。

 

一方、苦手なことを列挙いたします。

総じて言えることは、専門家にゆだねた方が、早いし安い業務になります。

 

・レセプト関係

・クレーム対応

・施設基準等の届出

・助成金の申請

・給与計算、勤怠管理

・訪問診療の立ち上げ

・医療機器の保守管理

 

これらの業務に関しては、参謀として専門家に依頼し、進捗管理することになります。 

また、依頼する業者・専門家をリサーチすることもあります。

 

こうして見て頂くとお分かり頂けると思いますが、クリニック院長参謀=事務長ではありません。

クリニック院長参謀にしかできない業務について、最大限活用頂ければと存じます。