クラウドソーシングをクリニック・歯科医院で活用 ~仕事は「個人」に委ねる時代~

 

ホームページ制作、販促動画制作、パンフレット制作、ポスター、ブログライティング、販促物、ポストカード・・・クリニック運営には、何かと「作り物」が多くなってきます。そういう時、皆さんはどうされていますか?

 

院長先生ご自身や、スタッフさんの手で作成されているクリニックもお見かけしますが、やはり一定以上のクオリティを考えて、業者に外注するケースも多く見られます。

 

外注自体は賛成です。

ただその場合、業者の選定を誤ると、出さなくてもいいコストをかけてしまう危険性もあります。

web関連の記事でもお伝えしたように、こういったクリエイティブ系のサービスは原価の大半が手間賃であるため、適正なコストが見えづらい部分があります。

 

私が強く推したいのは、クラウドソーシングの活用です。

代表例としては、ランサーズがあります。

 

★ランサーズ

https://www.lancers.jp/

 

ランサーズは、フリーランスの人と、仕事を依頼したい人をつなげるサイトです。

こういった仕事は業者よりも「個人」に依頼する方が、コストも抑えられてスピード感が高まることがあります。業者の場合、社員への給料分と会社への分、両方を支払うことになるので、「個人」に依頼するよりも割高になる傾向は致し方ないところでしょう。

 

その分、業者の方が安心という意見もあります。

ちゃんとやってくれるというイメージと、一定のクオリティが担保されるという点が安心感につながります。

 

ただ、ランサーズなどのサイトは、知らない人同士の契約であっても安心して進められる設計になっています。レビューもありますし、「個人」のプロフィールや実績も、割と細かく見られます。

 

またクオリティについても、「個人」は自分のスキルに自信があるから独立したのであって、そういう意味では特に心配しなくても良いと私は思います。

 

私は実際クラウドソーシングを使って、

・動画制作を11万円程度(訪問しての撮影、編集も込みで)

・ランディングページ制作を7万円程度

・16ページの小冊子デザインを5万円程度

で依頼できた実績があります。

 

是非一度、活用を検討されてみてください。