クリニック・歯科医院に「チーフ」は必要か?

 

私はできるだけ早い段階で、スタッフマネジメントを院長自らではなく、スタッフから選抜された(または外部から採用した)チーフを中心に行うことを推奨しています。

 

 

チーフは言ってみれば、クリニック・歯科医院におけるハブ機能です。

 

院長は、現場への要望チーフに伝えます。

チーフは、院長の要望をかなえるべく、該当するスタッフに指示を出します。

もちろん、指示を出すだけでなく、その進捗管理まで担います

完了したら、院長に報告します。

 

現場スタッフは、クリニックに対する意見や要望などは、まずチーフに伝えます。

チーフは、その場で回答できることについては、その場で回答します。

聞いた意見・要望がクリニックのためになるとチーフが感じた場合、院長にそれを提言します。院長が聞く前に、チーフがフィルターになるということです。

 

 

ここまでの話、チーフがいないとどうなるでしょう?

 

院長は、現場への要望があるときは、スタッフに指示します。

その際、誰に、なんて指示するか(言葉の選び方)も含め、自分で考えます

もちろん、指示通りに事が進めばいいですが、報告してこないスタッフの場合、その進捗管理も自分でやらなければいけません

 

現場スタッフは、クリニックに対する意見や要望などは、院長に直接伝えます。

院長は、ことあるごとにその相手をする必要があります(相手をしないと、「意見を聞いてくれない院長」と陰口たたかれかねません)。

もちろん、聞いた以上は、回答をしなければいけません

意見を採用するならいいのですが、採用しない場合、なんて言って(傷つかないように)断るかなども院長自身で考えなければいけません

 

 

院長にとって、どちらが幸せでしょうか?

 

 

しかし言うまでもなく、チーフ人選は大事です。

一度選んだチーフは、そう簡単には解任できません(正確にはやろうと思えばできますが、かなり角が立つことが予想されます)。また、チーフがハブとして機能しなければ、その意味がありません。

 

もっと悲惨な状況としては、チーフが労働組合長のごとく現場スタッフの中心となって、色々意見(というより要求)をしてくるようになることです。こうなると、おさめるのが大変です。

 

 

チーフにふさわしい人材は、一言でいえば経営側の視点に立てるスタッフです。

 

何かスタッフから意見や要望があったとき、経営側の視点に立てる人は「このスタッフの要望を飲むか否か」という論点では検討しません。「クリニックにとってプラスかマイナスか」で考えます。露骨に言えば、スタッフが望んでいるかどうかは関係ない、ということです。

 

スタッフが望んでいても、クリニックにとってプラスでなければ、やらない。

スタッフが望まなくても、クリニックにとってプラスであれば、やる。

これが経営側の視点です。

 

この視点に立てるスタッフは、なかなかいません。ですが、全くいないということもありません。

あるいは、その資質がある人を教育し、チーフに育てるという方法もあります。

勿論、外から採用するのも選択肢としてはアリです。

 

 

チーフがいないという院長先生、よく検討されてください。

 

チーフがいるという院長先生、そのチーフは経営側の視点に立ててますか?