人手不足が原因? ~採用に苦労している院長先生へ~

 

 

クリニック院長参謀のノウハウを駆使した

クリニック求人・採用代行サービスこちら

 

人手不足を解消したい!

採用~定着までを企画から実務までサポート

クリニック院長参謀サービスこちら

 

 

昨今、各メディアで毎日のように言及されている「人手不足」。

 

医療業界でも医科・歯科問わず、人を採用できずに苦労されている院長先生を多く見てきました。
具体的には医師、歯科医師、看護師、歯科衛生士、場合によっては助手や受付なども同様です。

苦労されている院長先生の多くは、その原因を「人手不足」だとお考えのようです。
つまり社会のせい、と。

「人手不足が原因で人がとれない」とおもってらっしゃる院長先生は、

明日から給料を3倍に上げてみてください。

すぐに人はとれると思います。

「なにを馬鹿なことを」「そんなの当たり前でしょ」と思われた方もいらっしゃると思います。

でも、本当に「人手不足」なら、給料が3倍だろうが10倍だろうが人はとれないハズではありませんか。
「人手が不足している」んですから。

給料上げれば人が集まるのであれば、人がとれない原因は「人手不足」ではなく「給料が安いから」ということになります。

わかりやすい例として給料の話をしましたが、勿論、給料3倍なんて非現実です。

実際、給与を上げることなく、人がとれているクリニックも普通にあります。

給料以外の魅力があって、人が集まるクリニック・歯科医院は現実にあるのです。

いずれにせよ、とれているクリニックがあるということは、「人手不足が原因」という結論は間違っています。
言葉選ばずに言えば、

人がとれないのは「人手がいないから」ではなく、

「そのクリニックで働きたい人がいないから」です。
社会ではなく、自分たちに原因があると考えるべきなのです。


求人票、もう一度眺めてみてください。
応募したくなるような、内容になっていますか?
クリニックの魅力、存分に伝えられていますか?(ウリになる魅力が無いなら、作ればいいのです。)

そもそも、出すべき媒体にしっかり求人を出せていますか?

採用サイトも作ってみませんか?

スタッフにも協力してもらっては?

 

やれることは、少なくないはずです。
「人手不足」と言って社会だけのせいにしていても、何も始まらないと思います。