新提案!「クリニック院長参謀」と「クリニック人事総務」のWサポートプラン

 

MECEプロデュースでは、「院長をストレスから救う」という理念の元、クリニック院長参謀およびクリニック人事総務の2つのサービスをご提供しています。歯科医院・クリニックの院長先生のご要望等に応じ、サービスメニューをご提案しております。

 

簡単にサービスのイメージをお伝えしますと、以下のようになります。

経営コンサルタント・事務代行・事務長代行とは異なるサービスをご提供している、と普段から申している意味もご理解頂けるかと存じます。

 

 

 

 

クリニック院長参謀

① 実務処理能力・マネジメント能力を併せ持つ頭脳

 院長参謀が自分で進める前提で、企画提案を行います。

 スタッフを巻き込んでの実務になる場合、そこも含めて担います。

② カスタマイズ化されたフォーマット

 医院が100あれば100通りのフォーマットがあるという考え方です。

 他院の事例を参考にすることはあれど、原則としてその内容はカスタマイズ化しています。

 

一般的な経営コンサルタント

① 他院事例・データを元にしたフォーマット

 他院の事例を豊富に持っており、それを集約させたフォーマットを提供しています。

 他院の成功事例をマネすることで、成功させるという目的が多分にあります。

② ①のフォーマットを元にした提案

 他院での成功事例を、そのまま提案として情報提供されます。

 実務については基本、院長先生・スタッフ自身で進めていく前提です。

 

クリニック人事総務

① 頭を使える実務要員

 採用業務、スタッフ面談、総務事務業務など、基本は院長に代わって実務を進める要員です。

 しかしながら、単なる手足ではなく、指示・依頼内容をかみ砕いて実務に反映させる力を持っています。

② 院長参謀との連携

 クリニック院長参謀との連携をすることで、より現場実務がスムーズに進められます。

 

一般的な事務代行・事務長代行

① 忠実な手足

 採用業務や総務事務業務など、忠実な手足として進めてくれる要員です。

 1から100まで、院長の明確な指示があっての進行になります。

② 頭の部分は院長にお任せ

 指示内容を応用させたり、新たなオペレーションを提案されることは基本、ありません。

 ①にあるように、忠実に指示内容を進めてくれる要員です。

 

 

 

ここでおすすめしたいのが、

クリニック院長参謀クリニック人事総務

のWサポートプランです。

 

企画提案・カスタマイズは院長参謀が

それに伴う実務を人事総務が行うことで

最もコスパの良いサービスを提供できます。

 

勿論、実務を院長参謀が行うこともできますし、院長参謀が行った方が良い場合もあります。

その場合は、クリニック院長参謀を単独で使われた方がいいでしょう。

 

一方で、例えばスタッフ面談などのスタッフケアをソフトにやりたい、という場合などは、現場のスタッフマネジメントを人事総務中心で行うという選択も有効です。人事総務サービスは女性が担当しますので、女性スタッフの多い歯科医院・クリニックにおいては、より効果的にスタッフケアができることもあります。

 

 

<サービス例>

経営課題の解決と共に、現場マネジメント・実務も解決

クリニック院長参謀 月1回

クリニック人事総務 月2~4回

 

委員会活動(ボトムアップ運営)発足・スタッフケアを並行

クリニック院長参謀 月1回

クリニック人事総務 月1~2回

 

スタッフマネジメント・現場実務中心、経営課題も徐々に進める

クリニック院長参謀 3ヶ月に1回

クリニック人事総務 月2~4回

 

人材採用の課題を解決、応募者対応もぬかりなく

クリニック院長参謀 2ヶ月に1回

クリニック人事総務 月1~2回

 

 

お問い合わせは、こちら